Hiroko Murayama

今日の読書と今日の写真

【民藝のインティマシー】

民藝を
インティマシー(intimacy)という概念からとらえなおすという試みが綴られた本。
お世話になっている編集者の方に進めてもらって、図書館で借りてきました。

相手との親密な関係を言い表す英語の表現であるインティマシー(intimacy)
著者はそれを「親密さ」「いとおしさ」と日本語に置き換えます。

民藝がもつ「いとおしさ」

写真だとどうなのかな。


風景の中に立って、目と耳をすませると
声が聴こえるような気がすることがあります。

私は声のする方へ、ふらふらと歩いてゆき、
見つけると、さっとシャッターを切る。

そうして撮った写真に、
インティマシー(intimacy)を感じます。

こうしたらもっといい写真になるとか、
この構図が良いとか
考えたりしてしまうとダメなんです。

その写真には、いとおしさを感じられない。
不思議なものです。

インティマシー(intimacy)を感じる写真は、
作り出したり、手を加えるものではなくて、
そこに存在しているものを見つけて、
励まし、温めるようなものだと感じています。

ともあれ、「民藝のインティマシー」
読み進めようと思います。