Hiroko Murayama

ツツジと私

ツツジの中に立ち止まったら、吸い込まれそうだった。
上から時々、落ちてきた。
じっと足元を見る。

ツツジくらいの赤になりたい。