Hiroko Murayama

写ガールにて、写真作品「菩提樹の庭」を掲載していただいています。

写ガールにて、写真作品「菩提樹の庭」を掲載していただいています。

「菩提樹の庭」は、私が私になるために、
なくてはならなかったとても大切な作品です。


ー誰のためでもなく、自分のための写真ー  



みなさんは子供のころ、
お母さんやお父さん、身近な大切な人が、
もし急にいなくなってしまったら。。と思って

心配になったことはありませんか。

私は、一緒に住んでいた大好きな祖父母が、

先にいなくなってしまうと知ってから、
そのことを思うたびに寂しさで胸がいっぱいになり、

この気持ちをどうしていいのか、いつも迷っていました。

でも、この「菩提樹の庭」と、
その前に同じ題材で撮った「安のあずまや」という作品を通して、
私は自分の心を探して、開いて、見つめて、考えて、また探して、、、
なんとか今の私という人になることができました。








写真には、
人の心を最適な場所へ導いてくれる、
そんな力があるのだと思います。



写ガールvol.22 表紙は水川あさみさん。
ぜひ手にとって見てください。もし感想をいただけたら嬉しいです。





写ガール vol.22