Hiroko Murayama

津端修一さん・英子さんご夫妻に再度、会いに伺いました

少し前になりますが、11月半ばに愛知に行った際に、
nid 30号でお宅に取材に伺わせて頂いた、津端修一さん・英子さんご夫妻に会いに伺いました。

最初に伺った時は取材だったこともあり、あまりゆっくりお話というわけにもいかず、
今回伺ってお話できたことをとても嬉しく思いました。
おみやげに下さったのは、フェイジョアというフルーツの8年物のリキュール。
自宅に持ち帰り少しずつ大事に頂いています。

nidの写真も気に入ってもらえたとのことで、何枚か印刷してお持ちしたところ、
後日パネルにした様子を写真に撮って送っていただきました。
修一さんがこのパネルをお客さんに見せて説明される姿が目に浮かんで嬉しくなりますね。

お話をしたり、手紙のやりとりをさせていただきながら、
津端さんご夫妻の姿勢、家族・生活としっかり向き合って大切に楽しんで時間を重ねられている様子を見ると、私にとって何が大切なのか改めて考える機会をもらえているような気がします。
本当に素敵で個性的で仲の良いおふたりです。

寒くなりますけど、お元気でお過ごしくださいね。
またお手紙差し上げます。