Hiroko Murayama

「趣味の文具箱」にて、小日向 京さんを撮影させて頂きました。

とびらの写真は、大堰川を望む「星のや 京都」の川床で、
小日向さんがお手紙を書いているという風流な場面のカットでした。

川床で浴衣というだけでも素敵なのですが、
写真中央に写っている大きな氷が浴衣姿の小日向さんと相まって
随分と涼し気な表情をだしてくれています。


夏に大きな氷をタライに据えて涼むというシーンは、
テレビの時代劇でしか見たことがなく、
内心本当に涼しいのかなあと思っていました。
しかし、実際に氷の近くで撮影をしていると、
時折ひんやりとした空気がこちらまで流れてきて、

 ああ、本当に涼しいいんだな、

昔の将軍様などは、こんな風に涼をとっていたのかなあと思い、
なんだか感慨深かったです。