Hiroko Murayama

台東区の渡邉さんのお裁縫箱




先日、雨の降った寒い日に渡邉さんのお裁縫箱を見せていただきました。
亡くなったご主人はカメラマンだったそうで、彼女のお裁縫箱の中には、
懐かしいフィルムケースがしのばせてありました。
フィルムケースには細かいボタンやビーズが入っていて、何だか心に残りました。